cookpad news
裏ワザ

黄身がぷっくり!綺麗な「目玉焼き」を作るコツ

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

SNSで話題!綺麗な「目玉焼き」を作りたい人へ

SNSの投稿でよく見かける黄身がぷっくりした「目玉焼き」。自分も作ってみたけれどうまくいかなかったという人に、ぜひ試して欲しいのが、今回ご紹介するレシピです。ちょっとしたコツさえマスターすればいいので、ぜひチェックしてみて。

多めの油&弱火で焼くのがぷっくりさせる裏ワザ

1.フライパンに少し多めに油をひいて火にかけたら、温まりすぎないうちに卵を入れます。

2. 中火で白身のまわりがカリッとしてくるまで焼いたら、弱火にして残りの白身が透明から白く変わるまで焼きましょう。フライパンが温まる前に黄身がズレてしまったら、素手で直してください。

白身はカリっ! 黄身はプルプルの究極の「目玉焼き」

つくれぽ(作りましたフォトレポートのこと)にも、「ぷるぷる綺麗にできました」「カリカリの白身がたまりません」「皮がカリッとしていて絶品です」など、作った人からも驚き&感動の声が上がっていますよ。

油を多めにひいて、弱火で焼く。このときフタをしないのも大事なポイントです。綺麗な「目玉焼き」は、お弁当に入れてもいいし、炒飯やカレー、焼きそばなどにのせてもいいですね。黄身がぷっくりしていて、映えもバッチリ! ぜひともお試しを。 (TEXT:森智子)

画像提供:Adobe Stock

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ