運命の1本を見つけよう!料理上手になるための「包丁選び」

F1a11767290403d66ca08d48877ff778

どのキッチンにも必ずと言っていいほど存在する、料理の相棒、包丁。でもどうやって選んでいいかわからない、そんなことはありませんか?料理道具、うつわ、カトラリーなど、“料理が楽しくなるモノ”が買えるマルシェアプリ『Komerco -コメルコ-』編集部に、包丁の選び方を教えてもらいました。

料理の相棒こそお気に入りを!

こんにちは、Komerco編集部です。突然ですが質問です。みなさんがいつも使っているその包丁、満足していますか?もし少しでも「いいえ」と感じたなら、今回のコバナシをぜひ最後までご一読くださいね。

周知の通り、「包丁」は食材を切るための道具。どのキッチンにも必ずと言っていいほど存在する、料理の相棒ですよね。だからこそすぐにでも欲しくて、とりあえず手頃な包丁を選んでしまったという経験はありませんか?また、たくさんの種類を前に、どれが自分に合っているのかわからないと思ったことは?そんな誰もが経験する悩みを解決すべく、Komercoが料理ビギナーと相性がいい包丁をご紹介します。

家庭料理なら「三徳包丁」と「ペティナイフ」

まずは家庭で使える包丁の種類を知ることから始めましょう。包丁のジャンルは大きく分けて、古くより日本で使われてきた「和包丁」と、明治以降に日本に入ってきた「洋包丁」の2種類。和包丁は、魚や野菜を美しく切るための工夫のため、一部を除いて刃先の断面のすべて片側にだけ刃がついているのが特徴。一方の洋包丁は、肉類を切ることも考えられていて、刃先の断面の両面に刃がついています。

現代の日本家庭では肉料理も多いため、洋包丁が普及しており、中でもどんな食材や切り方でも扱いやすい「三徳包丁」と、小さめのサイズが手に馴染む「ペティナイフ」が人気です。

「三徳包丁」を最初の1本に

E56789ec82d5af4882d00294223c3725

一般家庭で使われている包丁の代表が「三徳包丁」。洋包丁のジャンルですが、実は日本生まれの包丁で、魚や肉、野菜とどんな食材でも切れるように開発されました。この「三徳包丁」こそ、最初の1本にふさわしい包丁です。

6bb78d6e4ec80009d793dfd33b28566a 編集部おすすめはこちら。大阪の堺刃物と徳島の藍染めがコラボした、独創的な三徳包丁

2本目に!小回りが効く「ペティナイフ」

260607baf57dfcc6afa1ee8305f00d54

果物や野菜の皮むきで活躍する「ペティナイフ」は、セカンド包丁にぴったり。小さめのサイズだから女性の手にも馴染みやすく、ハレの日に食卓に欠かせない飾り切りもしやすいというメリットがあります。

3c4ff382bf004fb91c309612b3ed51b2 包丁に慣れていない人でも扱いやすい長さと重さの編集部おすすめペティナイフ。

包丁選びは料理上手への近道!

切れ味が悪い、握りにくいなど、包丁が与える日々の小さなストレスは、料理のモチベーションを下げる原因です。とはいえ、けして安くはない買い物。まずは自分が手にしたいと思えるデザインであること、求めているサイズ、どんな使い方をしたいかを一度しっかり考え、自分のライフスタイルに合った運命の1本を見つけてください。


『Komerco -コメルコ-』のダウンロードはこちらから!

5c1765c3ad3398b40445e7f580e6fc9e 料理道具、うつわ、カトラリー、リネン雑貨など、“料理が楽しくなるモノ”が買えるマルシェアプリ『Komerco -コメルコ-』。自身の手でつくるモノで料理を楽しんでほしいと願うクリエイターさんから、スマートフォンアプリで直接お買い物ができます。※ iOS限定アプリ

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)