cookpad news
メインおかず

【衝撃ビジュアル】皮いらずの「大判餃子」が簡単美味しい!

パリッとジューシな「餃子」は、毎日のご飯にも、ビールのおつまみにもぴったり!一年を通して多くの人から愛される家庭料理です。でも餃子ってタネを作って、包んで、焼いて…意外と手間がかかる!だからといって量が少ないのは我慢ならない!お腹いっぱい食べたいですよね。これまでも編集部はそんな悩みを解決すべく、時短を叶える包まない餃子や、簡単な包み方のレシピなどを紹介してきました。

大判餃子が節約&簡単!

今回、編集部が新たに見つけた餃子のレシピは、思わず目を疑ってしまうほどの衝撃のビジュアル。とにかく簡単に、安上がりで餃子が作れるレシピ。それがこちら!

なんと、餃子なのに市販の皮いらず!フライパンいっぱいに広がったまるでクレープのような、ミルフィーユのような見た目のこの餃子こそ「大判餃子」です。 安上がりの秘密はその材料。皮が必要ないだけでなく、材料にはあの節約食材「もやし」を使うのです!葉野菜が高い時は、もやしを使えばかなりコストは抑えられそうですよね。

驚きの作り方をチェック!

1.ひき肉と切ったもやし、調味料を混ぜてタネを作ったらラップの上で形を整えます。フライパンよりちょっと小さくしましょう。

2.次はいよいよ皮となる部分を作ります!火をつけずにフライパンにサラダ油と、小麦粉で作ったを入れます。見た目はパンケーキみたい!

3.そこに、タネを入れて蓋をし、火をつけます。火力はレシピを見て調節してくださいね!

4.さあ!ひっくり返しますよ〜!うまく調節していい焦げ目をつけましょう!おいしそう!2〜3分程度焼いたら出来上がりです♪

称賛の声多数!

レシピには、きれいに焼けたつくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)がたくさん!

「まさにモチパリ」「すごいボリューム!」「簡単で美味しい!」とみんな大絶賛!どの写真もおいしそう!

アレンジの幅が広いところも「大判餃子」のおすすめポイント。もやしをキャベツにしたり、中にチーズを入れたりと自由自在ですよ♪今夜のご飯は「大判餃子」で決定!ぜひ作ってみてほしい一品です!

シェアする