cookpad news
コラム

余った豚肉の保存に便利!手づくりのひき肉を作りましょう

ハンバーグやしゅうまい、麻婆豆腐に肉団子、肉そぼろなど、ひき肉料理は、子どもから大人までみんな大好きです。ひき肉料理を、もっとおいしくいただくために、ひき肉を自分でこしらえてみてはいかがでしょう。使う分だけこしらえるので無駄がありませんし、何より手作りの味のおいしさに驚くでしょう。手に勝る道具なし。ぜひお試しください。

細かく叩いてひき肉を作りましょう

いちばん使いやすいものとして、豚のひき肉をこしらえます。

<材料>

豚バラ肉、もしくはロース薄切り肉・・・適量

<作り方>

1.豚肉を細切りして、端から細かく切っていきます。前もって冷凍しておくと切るのが簡単です。

2.1で細かく切った肉を、さらに細かく庖丁の刃先で叩いて、ひき肉状にします。細かさにばらつきがあっても、それもまたおいしさですので心配いりません。

手づくりひき肉で作る、絶品肉そぼろ

手作りのひき肉で、肉そぼろをこしらえて、お弁当に使ってみてください。おいしくて飛び上がります。

<材料(作りやすい分量)>

豚ひき肉・・・300グラム
しょう油・・・大サジ3杯
酒・・・大サジ1杯
砂糖・・・大サジ2杯
しょうが汁・・・大サジ1杯

<作り方>

1.鍋に、材料をすべて入れ、中火で炒めます。

2.じっくり煮詰めて、煮汁が無くなったら出来上がりです。

冷蔵で5日、冷凍で1ヶ月は保存できます。冷凍の場合は小分けにするとよいでしょう。

文:松浦弥太郎 写真: 元家健吾

くらしのきほん

『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。トップページでは、1日3回「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」の挨拶と一緒にメッセージを更新しています。

シェアする