cookpad news
メインおかず

時間があっても、ごはん作りはしんどい。手抜きじゃない手抜き料理「豚肉のみそ漬け」

クックパッド初代編集長・小竹貴子さんの著書『時間があっても、ごはん作りはしんどい』。毎日の食事作りは思っている以上に負担のある家事のひとつ。仕事に子育て、しんどい中でも家族のために頑張っている人たちの気持ちを、ふっと軽くしてくれる一冊です。今回は、大好評発売中の本書から、やる気が起きない、料理のテンションが上がらないときにおすすめのとっておきのレシピをご紹介します。

手抜き料理の定義とは?

包丁を使い、火を使って料理をしたにも関わらず、「今日は手抜きをしてしまった……」という気持ちになることってありますよね。作ってもらう立場になると、「おいしいよ! 手抜きじゃないよ!」と思うメニューでも、作る側はいつもなぜか、足りなかったほうにばかり意識がいってしまうもの。作っただけで素晴らしい!「 おいしい!」と食べてもらいたいと思いながら作ったものは、手抜きなんかじゃありません

丁寧に作る=手が込んでいるではない

仕事を終えてバタバタと帰宅し、パパッと用意した食事を家族に出すと、「手抜きしちゃったな」と感じる人が多いようですが、時間をかけた=手が込んでいるではないし、パパッと作った=手抜きではありません。限られた時間で家族が喜ぶ食事を作れるなんて、それはもう神の域! 自分の効率の良さに自信を持って!

焼くだけと思うなかれ

みそ床につけておいた豚肩ロースを焼くだけのレシピを紹介します。「焼くだけ」というワードは手抜きを連想しそうですが、このメニューが目の前に出てきて「手抜きだな」と思う人はいないはず。みその味が染みこんで、手間ひまかけたお料理に感じませんか?「◯◯だけ」でも、十分に伝わるメニューはたくさんあるんです。

豚肉のみそ漬け

材料(2人分)

豚肩ロース肉(とんかつ用など厚めのもの)…2枚
A みそ…大さじ3
A 酒…大さじ1
A みりん…大さじ1
A 砂糖…大さじ1
せん切りキャベツ…1パック

作り方

1.ボウルにAを合わせ、豚肉に塗り込む。保存袋に入れ、冷蔵庫に2時間~半日おく。

2.フライパンにフライパン用クッキングシートを敷き、1をのせて火にかけ、中火でこんがり色づくまで焼く。

3.器にキャベツをのせ、2を切って盛る。

(撮影:キッチンミノル)

小竹貴子さん&クックパッド編集部 出版記念InstagramLiveのお知らせ

今回の出版を記念して、5月13日(金)21時よりInstagramでLive配信を行います。 本の内容の延長戦?で、皆さんの料理のお悩みについてトークします。
事前に皆さんからの料理のお悩みについても募集中。
ぜひお声をお寄せいただき、ライブ配信もご視聴くださいね。

>>Live配信アカウント
@cookpad_news
@takakodeli
※どちらのアカウントからもご覧になれます

時間があっても、ごはん作りはしんどい』(学研プラス

小竹貴子

クックパッド株式会社コーポレートブランディング本部長。1972年、石川県金沢市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。株式会社博報堂アイ・スタジオを経て、2004年に有限会社コイン(後のクックパッド株式会社)入社。編集部門長を経て執行役に就任し、2009年に『日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010』を受賞。2012年、同社退社。2016年4月から再びクックパッド株式会社に復帰、現職。現在、クックパッドニュースにて『おいしい思い出』、ForbesJAPANにて『それ、「食」で解決できます!』を連載中。また、フードエディターとして個人でも活動を行っている。

シェアする