cookpad news
副菜レシピ

いろいろな食感が楽しめる!「コールラビ」のおいしい食べ方って?

かぶのような丸い形で、つんつんツノのようなものが生えている不思議な野菜「コールラビ」。いったいどんな風に食べるんだろう?…ということで、クックパッドスタッフがコールラビ料理に挑戦してみました。

コールラビってどんな野菜?

ドイツ語の「コール(キャベツ)」と「ラビ(かぶ)」が名前の由来となっている地中海原産のアブラナ科の野菜なのだそう。カブのような見た目ですが、分類としてはキャベツやブロッコリーの仲間なんです。

「コールラビ」料理にチャレンジ

コールラビは、生でも加熱してもおいしく食べられるようですが、調理法によって味や食感が異なるのだそう。今回は、「シンプルサラダ」、「バターソテー」、「ハムとチーズの重ね焼き」の3品に挑戦しました。

生でシャキシャキ!「シンプルサラダ」

1. まずは茎の部分をポキっと折って取ります

2. 上下を切り落として、

3. りんごのように緑色の皮の部分をむきます。

4. 3〜4mm厚にスライスして、

5. レモン汁と塩をふって、しばらくおいたら完成です。

見た目はかぶのサラダのようですが、かぶよりもみずみずしく大根や梨に近いようなシャキシャキした食感で、味はキャベツに近い甘みを感じました。レモンの酸味と塩がよくあって、さっぱりとしているので箸休めにぴったりです。

おすすめレシピ

焼くとホクホク!「バターソテー」

1.葉がついている状態はこんな感じです

2. 皮をむいて、好きな形に切ります。今回はくし型に切りました。

3.バターを熱したフライパンでこんがりと焼いて

4.塩こしょうなどで味付けしたらできあがり。

こちらは生とは違って、少しホクホクとした食感になりました。カブのソテーによく似ていますが、カブよりも甘みがあり、さっぱり。バターのコクがおいしさを引き立てて、箸がついつい進んでしまう味わいでした。

おすすめレシピ

ゆでてトロトロ!「ハムとチーズの重ね焼き」

1.皮をむいたら7mm厚にスライスして、

2. やわらかくなるまで塩ゆでします

3.コールラビ→ハム→チーズの順に重ねます

4.卵液とパン粉をかけてオーブンでこんがり色づくまで焼きます(私は今回、グリルのグラタンモードで焼きました)

5.こんがり焼き目がついたら完成です。

生とも焼いたときとも違って、コールラビはゆでるとトロトロに。このとろけるようなコールラビとハム・チーズの組み合わせがおいしかったです。甘みと塩気のバランスがよく、それぞれの食材の食感の違いが楽しい一品でした。このレシピが作ってみたくて、ゆでたあと重ね焼きにしましたが、トロトロ感を味わうなら、スープやポトフにするのもよさそうです。

おすすめレシピ

コールラビの旬は6〜7月と11〜12月!

生で食べるときと、火を通したときで、食感や味が変わるのがおもしろかったです。甘みがあってクセがないので、子どもも食べやすそう。調理法でいろいろな楽しみ方ができるコールラビ、ぜひ試してみてくださいね。

今回の食材はクックパッドマートで購入しました!

クックパッドマートは、クックパッドが運営するお買い物サービスです。毎日の料理が楽しくなるような食材を1品から送料無料で購入できます。ご利用はクックパッドアプリのかいもの機能から!
※一部地域で提供しているサービスです

まずはアプリ下部の「かいもの」から、対象エリアかご確認ください。
すでにアプリをお持ちの方はこちら

レシピを見ながら、食材のお買い物もできる。クックパッドアプリはこちら
クックパッド(iOS・Android)

お買い物に特化した専用アプリもご利用いただけます
クックパッドマート(iOS・Android)