cookpad news
コラム

世界の料理が作れるようになる!? 台所探検家が伝授する「世界のレシピを読み解くコツ」【世界の台所探検】

世界中の台所を訪れて現地の人と料理をする台所探検家・岡根谷実里さん。今回は、そんな彼女が実体験から学んだ「世界のレシピを読み解くコツ」をご紹介します。

旅先で食べた、海外の料理。本場の味を再現しようと英語のレシピと格闘しながらつくってみたら、なんだか想像と違う味に...そんな経験はありませんか?

私は、海外の家庭で教わった料理を再現しようとインターネットでレシピをさがして参考にすることがあるのですが、「レシピ通り」につくったつもりでもしょっちゅう失敗します

それもそのはず。失敗を重ねるうちにようやくわかってきたのですが、国が違えば食材や調理器具も違って、現地ではあるはずのものが日本にはなかったり、同じ名前の食材でも全然ものが違ったりするのですから当たり前です。

でもせっかくつくるなら、おいしく作りたいですよね。 そこで今回は、何度も失敗する中で見つけたいくつかのポイントを、世界のクックパッドレシピを見ながらご紹介します!

各国の野菜のサイズに違いあり!

日本のレシピでも海外のレシピでもよく見かける、「にんにく◯片」という表現。一見特に何の問題もなさそうですよね。ところが、ここに落とし穴があるのです。

スペインのにんにくスープ「ソパ・デ・アホ」。にんにくの風味が決め手なのですが、現地のCocinarParaCuatro さんのレシピを見ると、

「4人分で15片」

15片って...どれくらい? 日本で最も一般的なにんにくは「ホワイト6片」という6片種なので、それで考えると15片はなんと2.5球分。これはさすがにすごい量!

実は「ホワイト6片」は1片10gとかなり大粒で、スペインの3~7gと比べると約2倍。書いてある通りの数で作ると多すぎてしまいます。

左は日本産、右はスペイン産。比べてみると、その差は歴然です。実際に重さを測ってみると、10gと3.5g。なんと3倍の重量差がありました。

現地駐在していたクックパッドの日本人スタッフによると、「日本のにんにくだと4人分で6片でちょうどよかった。スペイン人ほどにんにく慣れしていないという好みの問題もあるけれどね」ということでした。

そういえば私も世界の台所で、スペインのものよりさらに小さなにんにくに出会いました。 中東のヨルダンでは、小指の爪ほどの小粒にんにくを丸ごと水に浸してバラし、「皮を剥くのも面倒だから、皮ごとつぶしちゃうのよ!」とばさっと小さな臼に入れてつぶしていておどろきました。

にんにくに限らず、野菜は基本的に「サイズは違うもの」と思っておくとよさそうです。 すべての野菜に注意を払うのは大変ですが、味の決め手になるものは注意したいですね。

同じ1カップ表記でも要注意!

今年は、パンや焼き菓子に挑戦された方も多いのではないでしょうか。これからの季節は、秋の果物を使ったお菓子もいいですよね。

本場アメリカのアップルパイをつくろうとBakedAppleさんのレシピを見てみると...

「小麦粉 1と1/2カップ」
「バター 1/4本」
何も問題ないように見えます。

ところが、アメリカの計量カップは240mlで、日本の200mlより大きいのです。
また、アメリカのバター1本は113g。日本の一般的なサイズは150〜200gなので、ひとまわり以上小さいのです。「レシピ通り」と思って小麦粉とバターを測ってつくると、とってもバターたっぷりな生地になってしまいます!

ちなみに、アメリカのレシピでよく見る「oz」はオンスと読んで1oz=28g、「lb」はポンドで1lb=454g。お菓子作りは計量が肝心! 作業前にパソコンで単位を変換しておくのも大事ですよ。

文化の違いもレシピに影響!?

まだまだ海外旅行は難しいですが、気分転換に料理だけでも楽しみたいという時、ありますよね? そんな時、私は中東のチキンライス「カプサ」のレシピを探してつくることがあります。

サウジアラビア在住のSabrina Yasminさんのレシピを見てみると...

「米 1kg」
「鶏肉 1kg」

米1kgって何人分!?鶏1kgってもはやまるごとでは!?
2人分だけつくろうと思って量を減らすと、なんだか決まらない味になってしまいます。 たくさん作る場合には、スパイスの量が多少大雑把でもなんとかなりますが、少しだけ作る場合は、ひとつまみの誤差が大きな味の違いを生んでしまいます。

中東からアフリカにかけての地域は、イスラム教徒が多いこともあってか家族の人数が多く、また一家や親戚で集まる機会が頻繁にあることもあって、料理のサイズが大きいんです。 本場のレシピは分量も本場。さすがに1kgは大変ですが、4人分くらい(このレシピだと400g)は作るようにすると、失敗しにくいです。こういうレシピは私は、人が集まるときに作るか冷凍するようになりました。

失敗を恐れず楽しもう!

このほかにも、野菜が水分が多くてべちゃべちゃになったり、辛い唐辛子と辛くない唐辛子を間違えて大変なことになったり、未経験のレシピに挑戦するといろんなことが起こります。 でも、そんなトラブルも発見のチャンス! 旅にトラブルはつきものです。 ご紹介したコツをガイドブックがわりに、世界の料理をたのしんでみてくださいね。

岡根谷実里さん

台所探検家。世界各地の家庭の台所を訪れ、世界中の人と一緒に料理をしている。これまで訪れた国は60カ国以上。料理から見える社会や文化、歴史、風土を伝えている。
公式ブログはこちら>>